レンタルの流れ

レンタルするには

レンタルバイクを取り扱う東京の某業者では、電話や電子メールによって、仮予約の申し込みを受け付けたり、スタッフによる正式予約が済んだ旨の連絡がなされたりするそうです。それらの通信手段であれば、屋外に設置された営業所へ出向いたり、スタッフと顔を合わせたりする必要がありませんので、比較的気軽に利用することが出来るでしょう。

また、メールの場合、リアルショップの営業日時を気にしたり、相手と口頭で話したりする必要も無いですから、電話よりも気兼ねなく、自由度の高い利用が可能となります。

ただし、実店舗の営業時間外にメールを送信した場合、返信がおこなわれるのは、次の営業が開始されてからになることを覚悟しておいた方が良いでしょう。
また、店舗スタッフの立場からすれば、メールよりも電話、電話よりも直接来店した顧客の方を優先的に対応するのもやむを得ないことと思われます。

それに、送ったメールが相手先サーバーの迷惑メールフォルダに振り分けられたり、相手方の設定、システム上のトラブルなどによって、相手に届かなかったりする可能性もあります。
それらの事情によって、メールが返信されるまでに時間が掛かったり、相手に要件が伝わらないままいたずらに時間が経過したりするリスクも低くはありませんので、注意を払いたいものです。
それらの事情を考慮すると、急ぎの用事や重要度の高い用件などは、メール以外の手段を使って伝えた方が良いかもしれません。

返信が無い場合

また、メールを送ってから、ある程度の時間が経過しても、返信が無い場合には、使用するサーバーやアドレスを変更するなどして、あらためて同じ内容のメールを送信したり、他の手段を使ってスタッフに連絡したりする必要性も生じてくるでしょう。

それらのプロセスを経て、予約が完了した後は、当日ショップへ出向いて、契約書の内容を確認し、サインして、利用を予定している料金を前払いする運びとなります。その後、借りたバイクを使用してからは、返却して、費用の精算をしましょう。

尚、こちらの業者では、初回のレンタル料金を支払う際、身分証明の意味合いから、決済方法がクレジットカード払いに限定されておりますので、注意する必要があります。