オプション

付属品はいろいろ

単車の車両本体だけではなく、フルフェイスヘルメットやジェットヘル、グローブ、レインウェア、ツーリングネット、ワイヤーロックなどといったオプションを貸し出してくれるサービスもありますので、適性や需要、希望条件に応じて利用すると良いでしょう。

それらの装備品の中には、法律で着用が義務付けられているものもあれば、利用者の自由意思によって付帯の有無を選択する事の出来るアイテムも存在します。
例えば、ヘルメットは、交通ルールで、単車を運転するすべての人に着用が義務付けられております。
したがって、そちらの義務に違反すると、交通事故が発生した際、身体により一層甚大なダメージを受けるリスクが高まるばかりか、然るべきペナルティを科せられるはめにもなり兼ねません。

また、同じヘルメットでも、フルフェイスやジェットヘルなど、さまざまな商品ラインナップが用意されています。ヘルメットの種類についてはこちらで詳しく解説されています。
ヘルメットのタイプについて

ヘルメット・ネット・ワイヤーロック

フルフェイスは、読んで字のごとく、顔をすっぽりと包みこむタイプのヘルメットのことを意味します。こちらのアイテムは、頭部だけではなく、顔全体を覆い隠すため、それだけ衝撃吸収性や、事故によるダメージを軽減する能力に優れているという事が出来るでしょう。

ただし、フルフェイスの場合、目の部分だけしかあいていないため、死角が出来やすく、視界が悪くなって、危険を察知するのが遅れ、アクシデントの発生するリスクが高まるのではないかという考え方もあります。

また、そのように顔全体をヘルメットで覆うと、通気性が悪くなり、蒸れる可能性もあるので、梅雨時、夏場など、湿気が多く、暑いシーズンには特に注意する必要があります。それらのリスクを減らすためには、ジェットヘルと呼ばれる、比較的露出の多いタイプのヘルメットを着用すると良いでしょう。

また、ツーリングネットは、多くの荷物をバイクに積んで、ツーリングや旅行、業務出張などに出かける際は、たいへん重宝するアイテムとなります。こうしたアイテムを備え付けておかないと、走行中に荷崩れを起こし、道路上に荷物が落下したり、散乱したりして、後続車両の進行を妨げたり、交通事故を引き起こす原因となったり、荷物が損傷したりするなど、さまざまな種類の問題を生ぜしめ兼ねませんから、充分に注意を払いましょう。

そして、バイクのエンジンを切って、キーを抜いておくだけではなく、ワイヤーロックなどを組み合わせて使用する事によって、より一層防犯性を高めることが可能になるでしょう。
それらのカギには、いろいろなタイプの商品が出回っており、それぞれに、セキュリティの充実度や使い勝手の良さ、値段などの違いがありますので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

また、屋根のある四輪車とは異なり、雨や雪などの影響を受け易いバイクに乗車する際には、急な天候の変化などに備えて、レインウェアなども持参しておくことをおすすめします。

また、オプションの種類や取り扱い業者によっては、無料で提供されるものも、料金が掛かる物品もあるようですから、一人ひとりの経済状態も考慮に入れて利用することが大切です。