ビジネスチャンス

photo0000-2175

節約される可能性

寿司や中華料理、ラーメン、蕎麦、弁当、仕出し、米、酒などを宅配する事業者が、レンタルバイクを利用する事例もめずらしくないと言われています。そうした方法を選択した場合、バイクの点検やメンテナンス、自動車保険の加入、保険料、税金などの支払いなどは、すべてレンタルバイクの取り扱い業者がおこなってくれますので、自社で所有する車両を使用するよりも、手間暇や費用が節約される可能性も低くはありません。

また、同じ点検や整備をするにしても、レンタルバイク業者のスタッフは、その道のプロですから、素人よりもクオリティの高い作業の行われることが期待されます。
また、バイクのレンタルは、購入よりも低い初期費用で、少ない手続きによって利用することが出来るという利点があります。例えば、車両を購入する際に必要となる、購入費用や保険料、税金の支払い、保険加入などのコストや手続きは、レンタルバイクに於いては負担する必要がありません。
そのような特性は、新規にショップを開業し、時間や資金の余裕がそれほど多くはない事業者にとっては、たいへんありがたいものになるでしょう。

コストパフォーマンス

ただし、言うまでもありませんが、レンタルバイクの利用料金は支払う必要があります。
また、車両を使用する頻度や回数、期間が一定のレベルと超過すると、レンタルよりも、購入の方がコストパフォーマンスが良くなる可能性もあります。
その事を考慮に入れた上で、トータルのコストパフォーマンスはどちらが良くなるのかを比較、検討し、慎重な判断をすることが求められます。