事故代車

買い換えをする必要性

誤って交通事故を引き起こしてしまうリスクは、バイクを使用するすべてのドライバーに多少なりとも存在することでしょう。そのような事態が発生すると、愛車が損傷したり、使い物になり得なくなったりして、修理や買い換えをする必要性が生じるケースも少なくありません。

そして、車両だけではなく、事故によって自らが怪我をした場合には、病院やクリニックなどの医療機関で診察や治療、手術を受けたり、入院したりすることが必要になるかもしれません。

ただ、それらの問題が起こったとしても、身体に目立った外傷が無く、学業や仕事、家事、子育てなどに差しさわりが出ないのであれば、今までと同じように教育機関、勤め先企業へ通ったり、食料品や生活必需品などの買い出しに出かけたりする必要があることでしょう。それらの目的を果たすためには、愛用するバイクに代わる移動手段を確保することが求められます。

とは言うものの、損傷の度合いによっては、修理に時間が掛かる場合も稀ではありません。また、愛車が全損し、新車を購入するにしても、学業やビジネス、家事、育児などが忙しくて、商品を選んだり、購入の手続きをしたりするための時間的余裕が無い人も少なくありません。

交通渋滞にはまる可能性

それに、時間が無いからと言って、必要な情報や知識を収集することなく、適当に新車を購入すると、自身の適性やニーズ、希望条件とかけ離れた車両を選んでしまい、後悔したり、思わぬ損失を被ったりすることにもなり兼ねません。
また、JRや私鉄、地下鉄、バス、モノレール、タクシー、航空機、船舶、フェリーなど、別の交通機関を利用するという選択肢もあります。

ただ、それらの手段を使う場合、切符や定期券、回数券を購入したり、パスポートを取得したりすることが必要となる他、通学や通勤、帰省などによるラッシュ時の混雑に巻き込まれるリスクも低くない事を覚えておく必要があります。
それに、バスやタクシーなどの車両は、自家用車と同じように交通渋滞にはまる可能性もあります。

また、発着ダイヤや経由する場所、運行ルートなどが決まっている鉄道やバス、飛行機、モノレール、フェリー、船などの場合は、停留所や空港、船着き場などで次の便を待ったり、発着したりするために少なからず時間やエネルギーを消耗することは間違いありません。そうした諸々の問題を解消するために、事故代車としてレンタルバイクの利用をおすすめします。