置く場所がいらない

所定の料金

大都市圏に於いては、人口過密や土地不足などによる
住宅問題が深刻化し、オートバイを保管する場所を用意するのに
苦労する人たちも少なからず見受けられます。

例えば、鉄道の駅などに付設された駐輪場を使用すると、
所定の料金を徴収されるケースが少なくありません。

そのような損失を被らないようにしたいからと言って、
愛用するバイクを路上に放置しておくと、専門の業者に撤去されて、
所定の引き取り料金を請求されるはめにもなり兼ねませんから、
気をつけなければなりません。

そして、集合住宅やショップ、オフィスビルなどに設置されている
駐輪場は、その物件の居住者や来訪者、顧客、社員などのために
開放されているものであっても、無関係な部外者が駐輪することは
認められておりません。

それらの場所に、関係の無い人が無断で駐輪すると、
家主や物件管理会社のスタッフから、厳重に注意を受けたり、
罰金を徴収されたりするなど、然るべきペナルティを科せられる
可能性がありますので、気をつけて下さい。

バイクを保管する上で

また、一戸建て住宅やアパート、マンションに備え付けの駐輪場が
存在したとしても、それらの場所でバイクを保管する上では、
いたずらや盗難、雨や雪による汚損、サビつきなどといったリスクが
伴う事を覚悟しておかなくてはいけません。

それらのリスクを軽減するために、カバーやU字ロック、
チェーンロックなどを購入したり、使用したりするのにも、
それなりの手間暇や費用が掛かることとなります。

そのような悩みも、レンタルバイクであれば、必要な時にだけ使用して、
後は返却すれば良いので、保管する必要性そのものが存在せず、
解消されると考える人が多いようです。