レンタルバイクという形

レンタルバイク

motorcycle-839218_640レンタカーと比較して、レンタルバイクと呼ばれるサービスのわが国における社会的な認知度は、まだまだ高くないというのが実情のようです。

とは言いながらも、レンタルバイクに関する詳しい情報を調べてゆくほどに、たいへん興味深く、利用価値の高いシステムであることが分かってくるでしょう。

例えば、バイクは、四輪で走行する自動車とは違って、走行時の安定性を欠き、スリップやスピンによる事故が起こりやすいという問題をはらんでいるのは確かです。

しかしながら、カーブに差し掛かる際、内側に車体を傾けて安定性を保ったり、ウィリー走行やジャンプをおこなったりするなど、独特のドライビングテクニックを磨く事により、それらのリスクを軽減し、四輪車よりも多彩な楽しみ方を見出すことも可能となります。

また、自動車よりもボディが軽量で、サイズの小さい単車は、道幅の狭い路地、渋滞している地域等に於いても、比較的自由度の高い走行をすることが出来るというメリットもあります。それに、オートバイには、自動車のようなボディ外壁、ウィンドウなどが存在しないため、前方から来る風を感じながら、爽快感や解放感に満ちあふれた走行を楽しむことが可能です。

ただし、衝突時のショックを吸収する役割を果たすボディの他、シートベルトやABS、チャイルドシート、チャイルドロックなどの安全装備を備え付けることが難しいのは、バイクのデメリットと言わざるを得ないでしょう。

単車の場合、頭にかぶるヘルメットや、肘、ひざなどに装着するプロテクター等の他には、これといった安全装置の存在しないのが現状です。
その辺りの事情から、衝突事故や接触事故、スリップ、スピンによる転倒などが起きた時、乗っている人がはじき飛ばされたり、相手方の車両や路面、障害物などに身体を強く打ちつけたりして、甚大なダメージを受ける可能性が低くはありません。

そのようなリスクを軽減するためには、ヘルメットなどの選び方に注意を払い、正しい方法で装着したり、制限速度を守って、周囲の情報に細やかな気配りをしながら、安全運転を心掛けたりすることがたいへん重要なファクターになってくるでしょう。

そういう風に、バイクには、自動車にはないメリットやデメリットがありますので、レンタルバイクを利用する際にも、それらの特性を充分に理解しておくことが重要になります。

レンタルバイクのいろは

こちらのウェブサイトでは、レンタルバイクの概要と特徴、借りられる車種、付帯する事の出来るオプション、見積もりの取り方、トラブルへの対処方法、活用術、バイクレンタルツアーなどに関して詳しく説明します。

レンタルバイクとは

活用術

バイクレンタルツアー

これらの中でも、レンタルバイクの有効活用方法は、従来と比較して、多種多様なものが見出されつつあるようです。
かつての時代には、レンタルバイクと言えば、交通の便が悪い遠隔地へ旅行した際に、現地での移動手段として利用されるのが一般的でした。

それに対して、現在では、土地不足や人口過密等の問題を抱える都市部に於いて、車両の保管スペースを節約するために、その種のサービスが利用されるケースも増えてきているそうです。

また、購入すると、割り合い高額な初期費用やランニングコストを用立てる必要性が生じ、保管、メンテナンスをするのに多くの時間やエネルギーを必要とする車両であったとしても、レンタルバイクであれば、比較的気軽に利用することが出来るというのも、人気の高まっている理由の一つだと考えられます。

例えば、オートバイを購入し、維持するためには、車両の購入費用だけではなく、自動車賠償責任保険の保険料、税金、駐輪場の使用料金、ヘルメットやグローブ、プロテクター、カバー、ロック、レインウェア、防寒着などの購入費用なども用意する必要性が生じてまいります。

また、それらのコストを用立てるだけではなく、保険の加入手続き、各種料金の支払い手続き、いたずらや雨風などの気象条件、盗難などのリスクにさらされながらの車両保管、事故に遭って損傷したり、経年劣化したりした部分の補修、メンテナンスなどもすべて、みずからの裁量によって、それなりの時間やエネルギーを費やしておこなうことが求められます。

そういう風に考えてくると、他人の所有物であり、それらの手間暇や費用を、すべて事業者側で負担してくれるレンタルバイクのサービスが、如何に優れたものであるのかという事がお分かり頂けるのではないでしょうか?

お金の問題

ただし、当然のことながら、この種のサービスを利用するには、所定の料金を納入することが必要とされます。そちらの費用は、一回当たりで比較すれば、購入するよりもはるかにリーズナブルに設定されているのは事実です。

しかしながら、短期間の内に、頻繁に利用したり、長い期間にわたってバイクを借用し続けたりすると、支払うレンタル料金がかさんで、購入するよりもコストパフォーマンスが悪くなる可能性もあります。

したがって、レンタルバイクの利用と、単車の購入を比較、検討する際には、バイクを使用する頻度や回数、期間などを考慮に入れて、より一層経済性の高い方法を選択することが大切になってくるでしょう。

また、住宅の利用形態として、賃貸派と購入派が存在するのと同じように、バイクを借用するのが良いか、買うべきかという問題に関しては、個人的な適性の違いがあり、一概にどちらが良いと決めつけられるものではないようです。

例えば、バイクのレンタルサービスは、購入よりも気軽に利用することが出来る反面、他人の所有物であるというイメージが先行して、車両に対する愛着が湧きづらいというデメリットがあります。
したがって、使用する車両に、自己の所有財産としての愛着を求めるのであれば、購入を検討した方が良いのかもしれません。

ただし、バイクを購入するのだとしても、まずはレンタルバイクを利用して、コンディションやスペック、使い勝手、乗り心地などを感覚的に理解することは重要なファクターになるでしょう。

また、オートバイをコレクションしたり、観賞することを楽しんだりするのではなく、単なる移動手段として考えるのであれば、愛着の湧きづらいレンタルバイクでも、問題無く利用することが可能になるでしょう。

また、レンタルバイクは、他人の所有物であるからと言って、何もかも事業者任せにして、ぞんざいに扱ったり、必要な対策を講じるのを怠ったりするべきではないと思われます。例えば、保険の加入や、保険料の支払いは、レンタルバイク業者がおこなってくれるとしても、実際に事故が発生した時には、利用者が適切な方法で対処しないと、保険の適用を受けることが出来なくなる場合もありますので、注意を払いたいものです。

そして、国内旅行や海外旅行のパッケージツアーの中には、レンタルバイクのサービスが組み込まれた商品も少なからず存在するようです。その種のツアーに参加すれば、自由度が低く、プライバシーが保護されづらいと言われるパッケージツアーでも、比較的活動的に動き回ることが出来るでしょう。

個人の価値観や趣味、趣向、ライフスタイル、生活サイクルなどが多方面に分化し、自由を重んじる風潮が広まってきている昨今では、レンタルバイクに対する需要も多様化する傾向があるようです。そのような時代の流れに乗り遅れることなく、世間のニーズに対応する事の出来る画期的な価値あるサービスを提供することが出来れば、レンタルバイクは、まだまだ発展する可能性のある市場になると考えられます。