アフリカでツーリング

アフリカ2大砂漠

アフリカと言うと、端から端まで横断するとなると、6,000km以上もあり、日本の北海道から沖縄までよりも長い距離です。
そしてアフリカの有名な場所というと、2大砂漠があり、サハラ砂漠とナミブ砂漠があります。

・サハラ砂漠

アフリカの3分の1も占めるエリアとなっており、世界的にも有名な砂漠です。
モロッコなどの有名な国も近くにあり、メルズーガ大砂丘やエルグ・シェガガなどの見所も沢山です。

・ナミブ砂漠

世界最古の砂漠であり、約8000万年前に誕生したと言われます。
サハラ砂漠よりも砂丘の多い場所であり、最高で300mの高さにもなり、砂丘と砂の色、青空が織りなすコントラストが美しいです。

砂漠をツーリングで応談するとなると、オフロードバイクが良いでしょう。
ツアラーやビッグスクーターなど、車体が重く小回りがききにくい車種は、砂の上を走るのに向きません。

また気温に関しては、アフリカではどこの国でも温度は高いですが、特に砂漠は遮蔽物がなく、直射日光を直に体に受けます。
そのために、砂漠のツーリングは、日焼け対策や飲料水などの、装備も大切であり、十分に備えをしてから行きましょう。

国立公園

アフリカにはいくつもの国立公園があり、バイク走ることもできます。
一例を挙げると、モレ国立公園、クム国立公園、アンボセリ国立公園などあります。
国立公園の中を走れば、まさに私たちがイメージするアフリカの姿があります。

キリンや象、ライオンなどが生息しており、運が良ければ見られることもあり、またバオバブの木など、アフリカをイメージする、そのままの木々が生えています。
国立公園によっては、遠くに山が見えたり、滝や川があり、イメージしないアフリカの姿を見られます。

国立公園の道は舗装されていない場所がほとんどなので、ツーリングのバイクは、オフロードタイプをおすすめします。
街の入り口などにもガソリンスタンドがあり、日本と同じようなスタンドがあるので、そこで給油も可能です。

街中をツーリング

アフリカと言うと砂漠があり、原住民が住んでいるイメージがありますが、都会も多く、発展した街も数多くあります。
ケニア、モロッコ、エジプトなど、日本のような近代的な建物が並ぶ町並みも多いです。
砂漠や国立公園などの自然の他に、このような街中をツーリングしても楽しいでしょう。

または、インド洋を目指せば、東アフリカの地域にあり、ケニア、ウガンダ、タンザニアなどの国があります。
海周辺の国に行くと、緑豊かで海岸がある、イメージしないアフリカの姿を見られます。
ただ、街中などを走るにしても、砂埃が多いので、やはりオフロードタイプのバイクなど、悪条件に強いバイクで、ツーリングすると良いでしょう。