ツーリンググアム

グアムツーリング

次のツーリング先として紹介するのは、グアムです。
言わずと知れた南の島であるグアムも、ツーリングを楽しむのには最適な場所の一つと言えるでしょう。
そこでここでは、TEN MOTORCYCLE TOURを参考にしながら、グアムでのツーリングについて紹介していきたいと思います。

まずは、やはり気になるバイクについてです。
こちらのツアーでは、グアムでは初めてとなるハーレーダビッドソンを使った小グループモーターサイクルツアーが楽しめるようになりました。
ガイドさんが小型車両で先行してくれるため、その後ろをついていくだけで良いということなので初心者でも安心して走ることができるのが魅力です。

他にも選択することが出来る車種が幾つか公開されていますので簡単に紹介します。
小型で乗りやすい、小柄の人にも良いのがXL883Lです。
2007年式のものですが、二人用にすることも出来るために安定した走行を行うことができます。

逆に大柄の人にマッチしているのが、多少車高の高いXL883Rです。
スポーツスターと呼ばれるスポーツタイプの一台となっていますので、風を割く感覚を味わいたい場合に最適の一台です。

この他にも、ワイルドな印象のあるXL883Nや、年式にこだわりのあるファットボーイ、女性人気の高いそふている・デラックスなどがラインナップされています。
海外のツーリングでバイクの選択肢が広いというのは意外にレアなので、まさにバイクを楽しみたいという場合には良いのではないでしょうか。

グアムのバイク

では、グアムのバイク状況がどのようになっているのか、ということについても簡単に紹介していきたいと思います。
南の島という立地上、この場所ではもっと昔からバイクツアーが根付いていても良さそうなものでしたが、定着してきたのはまだまだ最近のことです。
これは、バイクが走るための環境が整備されていないためです。

これは現在でもあまり変わっていることではなく、グアムには人のための自動車保険が存在していません。
対人対物保険(日本で言うところの自賠責保険のようなもの)が基本となっているため、グアムでのバイクというのはリスクの高いものだと考えられているわけです。
ただ、このことを知り、リスクをコントロールすることができればグアムでのツーリングも十分楽しめます。

事故が起こってしまう理由としては、グアムの二輪免許が一種類であるということが重要です。
つまり、バイク免許を持っていれば大型だろうがなんだろうがいきなり乗れてしまうということです。
さらにヘルメットの茶葉すら義務付けられていないために、安定を取りにくい車体で危険運転をすることになる、ということです。

そのような無謀をしなければ、グアムツーリングは楽しめるものです。