ツーリング沖縄

本格・本島円周ツーリング

futta1365沖縄でのツーリングについては、いくつかのルートというものがあります。
そこでここでは、まず1つ目のツーリングルートとして、「本島円周」ルートを紹介していきたいと思います。
こちらのルートはその名前の通り、沖縄本島をぐるりと一周してしまおうという、まさに沖縄を隅から隅まで味わうためのコースとなっています。

まずスタート地点となるのは那覇空港です。
那覇空港の側にレンタルバイクショップがありますので、そこでバイクを借りてからツーリングツアーが始まります。
まず最初に向かうのは何かと名前を聞くことも多い名護市ですね。

那覇から名護市までの移動には高速道路を利用することになります。
入り口は首里インターチェンジで、そこから那覇インターチェンジに入り、名護行きのルートに入ることになります。
高速道路中には給油所がありませんから、乗る前に給油状態を確認し、足りないようであれば足しておきましょう。

名護の町は海沿いにある、海の美しい場所です。
ここでの景色を楽しみつつ、次のルートを確認しましょう。
次に向かうのは東村方面となりますが、高速の移動でかなりガソリンを消費しているはずなのでこちらでも確認をしておく事が必要になります。

東山に到達したら東海岸沿いに進み、本東北端を目指します。
二見が最後に休憩出来る場所となりますので、ここではしっかり疲れをとって向かうようにしましょう。
この際に通る58号線は海を通じて別の島とも繋がっているロードとなっており、日本最長の国道となります。

二時間程走ると、本島北端となる辺戸岬に到着します。
天気が良ければ鹿児島の与論島を見ることも出来るようになっていますので、目を凝らしてみると良いのではないでしょうか。

今度は西海岸側に移動し、名護に戻るように移動することになります。
また高速道路での移動となりますので、給油の確認は忘れずにしておくようにしましょう。

あとは南風原南インターチェンジから那覇に向けて走ることで、本島を一周することができます。
このルートは一日で回ろうと思うとかなり厳しいものとなりますので、体力に自信がなければ2日予定で考えましょう。

見たいものだけツアー

本島周回は体力的に厳しいという人には、こちらの「見たいものだけツアー」の方を進めたいと思います。
こちらは文字通り、沖縄本島で見ておきたい観光名所だけを狙ったツーリングツアーとなります。
出発地点は那覇空港と変わらず、ここでレンタルバイクを借りてスタートすることになります。

まず最初に向かうのは首里城で、ここまではそれほど遠くありません。
首里城を見たら、高速に乗って美ら海水族館へと向かいます。
本島での特に見ておきたいスポットはこの2つが代表なので、これでも十分楽しめるでしょう。