カナダでツーリング

雄大な自然を満喫するツーリング

カナダと言うと、首都のオタワや、有名な街のバンクーバーなどあり、日本から移住する国としても人気があるので、日本人に馴染みある国です。
カナダは、広大な土地を持っており、地域により気温は違います。
太平洋側は1年を通じて過ごしやすく、バンクーバーやビクトリアなどの街があります。
トロントなどの中部地域は、温度が高く蒸し暑い地域が多く、北に位置するカナディアンロッキーなどの地域は、自然が多く、寒さの厳しい地域です。
そのために、どこをツーリングするかでも、服装を考えると良いでしょう。

もちろんレンタルバイクもあるので、好きなバイクを借りられます。
スクーターから、アドベンチャー、オフロード、ネイキッドなどいくつもあり、カナダに行く前に予約することも可能です。
レンタル手続きは、すべて英語なので、通訳できる方か、英語のできる方がいた方が、スムーズに進みます。
また、街中にガソリンスタンドもありますが、やはり支払いなどはすべて英語で行います。

街中を走るならば、途中でお店に寄りたいときは、コインパーキングがあるので、10分単位と短いですが、バイクも留められます。
もちろん、お店などにも、駐車場はあります。
また、カナダに来たならば、雄大な自然を満喫するコースを走るのも良いでしょう。
イメージする、そのままのカナダの大自然を見られます。

カナディアンロッキーの自然を満喫するツーリング

カナダと言えば、広大な森があり、透き通るような湖があり、そびえ立つ山々と、自然豊かな場所です。
そんな自然を満喫できるツリーリングが、カナディアンロッキーの山々を見ながら走るコースです。

ロッキー山脈を見るためのコースはいくつかあり、ロス・レイク自然公園やマウントロブソン州立公園などから入るコースがあります。
バイクで走れば、日本ではあまり見られないような、森を切り開いた道に、遠くにはそびえ立つロッキー山脈が見えます。

カナディアンロッキーは国立公園であり、バンフ国立公園・ジャスパー国立公園・ヨーホー国立公園・クートニ―国立公園という4つの国立公園、さらには3つの州立公園で構成されます。
国立公園なので、ツーリングするときも、入場料を支払って公園に入ります。

走れば、木々や山々などの自然が見えるのはもちろん、運が良ければ大きな角を持ったトナカイも見られます。
また、カナダはどこの街も、道が開けており道路幅が広く、建物も密集していません。
広い土地をもつカナダはバイクは少なく、ツリーリングすると、キャンピングカーなどをよく見かけます。
カナダの自然というと、背の高い針葉樹の木々があり、また大きな川も流れて、場所によっては氷河も見られます。