イタリアでツーリング

見所いっぱいの国

イタリアというとヨーロッパの文化を色濃く残す国であり、大都市に行けば石造りの建物、田舎に行けば草原が広がるのどかな雰囲気があり、ツーリングすれば、街ごとに雰囲気が違うので、私たちの目を楽しませてくれます。
ミラノやローマなどの有名な都市や、ベネチアなどの観光地、アマルフィなどの田舎町、さらにはシチリア島など島も数多くあります。

どの町も道は整備されており、大型バイクから小型バイク、さらにはスクーターでもツーリングできる街です。
田舎道を走ると、牛などの家畜が放牧されており、道ばたに糞が落ちていることもあります。
よくみないと、その糞の上に乗って、滑って転倒することもあるので、道は注意して走った方が良いです。

イタリアというと、ピザやパスタが有名であり、どの街でも食べることができ、イタリアツーリングの魅力は、美味しい食べ物も沢山あることです。
海産物も美味しいので、牡蠣や烏賊、ムール貝などのシーフードもあります。
イタリアは、多くは個人経営の食堂が多く、ピザは釜で焼いており、焼きたてが食べられます。
またイタリアというとワインが美味しいので、ワインを味わっても良いでしょう。

ツーリングするなら、イタリア本土以外にも、スクーターで城下町をゆっくり巡り、城を見学するようなコースもあります。
またはシチリア島などに行き、島を巡ってみても良いでしょう。
街中を走ると、モペットなどの小型バイクが多く、日本の道路風景とは違っています。
また、イタリアでは、アグスタなどヨーロッパメーカーのバイクは少なく、BMWやホンダなどが多いです。
BMWで走ると、盗まれることが多く、レンタルバイクで貸し出ししていないことも多いです。

イタリアでバイクを借りる

イタリアにも、レンタルバイクがあるので、ドゥカティなどの海外メーカーから、ホンダなど国産メーカーのバイクまで借りられます。
イタリア語を使うので、ある程度簡単な言葉は学んでいった方が、スムーズに手続きは進むでしょう。
もしも、スマホやモバイルバッテリーを使うなら、イタリアは日本とコンセントの形状が異なるので、変換プラグを持って行った方が良いです。

ドイツでは高速道路はアウトバーンと言いますが、イタリアに入るとアウトストラーダと名前が変わります。
100kmで700円と料金は日本よりも安く、制限速度は最高110km/hまでですが、このスピードを守っている人はいません。
観光地周辺や街の入り口は混雑することが多く、特に夏の観光シーズンは混みます。

ガソリンスタンドはどこででも数十kmごとにあり、土日はしまっていることが多いので、土日のツーリングは、ガソリン量に気を使いましょう。
値段はリッターあたり150円ぐらいであり、日本とそれほど変わりません。
ガソリンの値段はヨーロッパの中では、イタリアが一番高いです。